【価格交渉】1枚3000円で受けているクリエイターさんへ、そのままで生活できますか?!

Bonjour! 【つくどりー創る人ゆめ応援】

マダムつくねです。

今日は

===============

1枚あたり3000円で、

生活費くらいの収入を得たときの

体験談

===============

をお話ししたいと思います。

わたし

前のビジネス塾で勉強した後、

わずか2ヶ月くらいで

1ヶ月の生活費くらいの

お仕事を受注したんです。

金額について予算をきいたら

「20万円・・・」といわれました。

向こうの希望は1ヶ月に70枚です。

モノクロの原画はA4サイズの半分くらい。

料理名だけ伝えられて写真資料もなく

それで描いてくれという・・・

相手の事務所で女性の担当者と直接打ち合わせ。

少しだけ、値段アップに成功しました。

「単価3000円のほうがわかりやすいですよね?

21万円でどうですか?」て交渉成立。

もうアルバイトもしていなかったです。

崖っぷちになって

ビジネス塾で勉強しながら

彼氏(いまの最愛の主人)をゲットした直後のころ

いま考えれば

それだけスケジュール空いている人って

かなり貴重だったはずだよなあ・・・

わたしはスピード早いと思います。

1枚当たり早くて30分、遅くて1時間半くらい。

1日に6枚のペースでした。

1日朝から夜までフル稼働・・・

休みがない・・・

楽しみにした予定も2つキャンセルしました。

1ヶ月に20日はこの絵の仕事していたかな。

ほとんどフルタイムと一緒ですね。

「こ、これ自由じゃないじゃん!」

フルタイム正社員のときの仕事も

手取り月収21万円でしたからね。

そのイメージで交渉の結果を

引き寄せしちゃったかもね。

わたしは締め切りは守る主義です。

締め切り直前は、

当時の交際相手だった主人に

家に泊まりにきてもらって

描き上がったイラスト達を

ひたすら

スキャンしてもらっていました。

(そのときの写真)

そしてそのあと

2ヶ月は

「もう絵をかきたくな~い!」

そういう経験で

絵が描けないスランプに

陥っているのかもしれませんね・・・

東京で一人暮らしするには

かなりギリギリ生活で

東京で手取り17万円くらい必要です。

(わたしの学生時代の古い感覚ですが・・・)

単価3000円で21万円の売り上げって

自由じゃない!(>ー<)

ハード!(>0<)

絵が嫌いになりそう!(TT

て、そのときはなっちゃった・・・。

それを、そのころ

わたしは体験してみたいな~と思ってたから

みごとその出来ごとも引き寄せたね★

単価30000円ならどう?

70枚じゃなくて月に7枚で21万円です。

~~~~~~~~~~~~~~

ママイラストレーターなら

ますます

わずかな枚数で

単価高くするのは大事だよ?!

~~~~~~~~~~~~~~

いま、そのときと同じ仕事なら

・1枚10000円として70万円

・スケジュールを3ヶ月にのばす

ここから料金交渉をスタートします。

料金交渉できるって

それだけ生活を

大きく変化させてしまうんです!

~~~~~~~~~~~~~~

やっぱり理想は

やりたくて

かつ

できるだけ高い単価で受注すること

もし、それができれば・・・

もう安すぎる

しかもやりたくない仕事いらない!

~~~~~~~~~~~~~~

で、イラストレーターに

それだけでなく

クリエイター全般

フリーランス全般にも

絶対生活するのに

「価格交渉」

「値上げ交渉」

が必要だと思った!

というわけで

【つくどり】では、創る人のゆめ応援として

「値上げ交渉セミナー」を

年に何度か開催しています。

今日から11月ですが

約3週間後の11月24日(土)に東京で開催です。

限定15名。

セミナーのみはweb受講できて

それは明日からでも受講できます。

詳しくはこちらのページをご覧ください。

https://resast.jp/events/268245

↓ボタン↓

マダムつくねは、ずっと

やりたいセミナーだったし

来てくれた方に

すごく楽しい・明るい・ワクワクする

結果を持ち帰って欲しいんです。

とはいえ、

今回都合が合わないかた

やるなら本格的にやりたいかたはこちら

平原由美先生の「愛され交渉術」の

ご紹介はこちらのサイトになります。

http://joseinokosho.jp/

セミナー会場きてくれたかたには

その70枚のイラスト見せようかな~

ではまたね

Salut!

マダムつくね

最初のコメントをしよう

必須