▶︎未分類

マダムつくねの引き寄せ実践近況★引越しの引き寄せは?!

ボンジュール!引き寄せ講師&イラストレーターのマダムつくねです。

メルマガで思いの他、反応の良かった

マダムつくねの「体験談」、引き寄せ近況です。

2021年10月○日に書いたメルマガになります。

 

10月14日

ボンジュール!

美容院で髪を染めるのをサボって手で染めてたら

それもサボっていたら根元が白いのにびっくりし!

じゃあ、白いところピンクに染めちゃえと

ショッキングピンクに白髪染めしました

マダムつくねです

 

 

 

メルマガはなるべく月・木に出しているのですが

今日はネタが決まらないので

つくねの引き寄せ近況をかきますね。

 

イベントの引き寄せ実践近況

「まず1万円お金を引き寄せる会」を企画していました。

あと2名です!

(中略:現在は10名そろい、進行中です)

>>「まず1万円を引き寄せる会」次回の優先案内受付はこちらです

 

この後はつくねの近況なので

興味のある方のみ

お読みください。

 

あ、今日1014日は「焼うどんの日」だそうです。

大昔(平成16年?)にかいた

焼うどんのイラスト見つけてきました~

どうぞ!

 

「まず1万円会」すぐ埋まると思ったら?~

 

この会

最初の募集1日でいきなり5名の

申し込みがあったので、つくね入れてあと4名。

 

翌日に個別メールしたらすぐ埋まるかな?

と思ったら

翌日から、怒涛の「体調不良」になってしまいました。

風邪というわけでなく、熱もなく、とにかく体がだるい。

宿曜占星術の日取りも悪かったりして。

なかなか次の案内ができなかったです。

 

そのあと2名お申し込みがありました。

 

体調は、まあまあ、戻ってきています(本調子ではない)

 

このおかげで参加できる方もいそうですね。

 

「引越しの引き寄せ」の実践近況

 

「引越しの引き寄せ」もやっています。

 

「引越しの引き寄せ」シリーズはこちらにまとめてあります。

  ↓    ↓    ↓

メルマガ読者さんもこの「引越しの引き寄せ」ブログ記事を

読み込まれて、成功した!という方がいらっしゃいます。

 

その方は「親からの自立」と「理想の引越し先」

を同時に手に入れたそうです。

 

いまはつくね一家は、二子玉川近くのマンション、

2LDKに、家賃なしで住んでいますが

 

2年ほど前に大きな水害にあっているんです。

 

30年に1度の多摩川の水害ですが

いまも水害危険地域にあって。

上の子が来年小学生になるので

さすがに狭いですしね。

 

いろんな占いで、今年は引越しにいい年ということ。

ということで、今年はちょこちょこ物件探ししています。

9月のあたま

賃貸のサイトを見ていたら

すごいいい物件があったんです。

 

溝の口の、父の家の近くで

この家賃で、こんな広くて綺麗な家?!と

 

家賃が安い理由もちゃんとあり、

2年間、貸主が転勤に行っている間のみという契約です。

 

それがですね、

数年前にある瞑想音声で瞑想をした時に

見えた家にすごく似ていたんです。

「ここだ!」と思って。

 

物件をサイトで見たのが土曜日で

次の日の日曜日にわたしだけ内見しにいきました。

夫はちょっと急だと、子どもと家に。

 

その日曜の朝に

「ここでサクッときまったら、

いい物件をネットで見つけて決まっただけだから・・・

お話としてつまらないかな?

物語として面白いといいいな!」

と宇宙にオーダーし直してしまいました(笑)

 

そうしたら空気がぐにゃりと曲がった感覚がして

 

・・・そこから一筋縄に行ってない(笑)

 

宇宙さ~ん!

\オーダー通りだよ!/

 

 

溝の口の物件を内見したら、わたしすごく気に入って。

 

しかも「そこにいる子どもの姿が見えた」から

もう決まった!と思って

 

自宅にいる夫と子を呼ぼうとしたら

いままでこんなに連絡つかないことが

ないくらいに夫と連絡がつかない・・・

 

夫と連絡つくのを待つ間、

ファミレスに近所に住んでいる父を呼んだんです。

 

もともと引越しの引き寄せの際に

「家賃0、またはなぜか余裕で払えてしまう」

という家賃を設定したのですが。

 

父と話したら

今のマンションを売る前提で

百万円、引越し代あげてもいいと

 

その金額が

2年間の家賃総額とほとんど同じでした。

「あれ?面白いな」と。

 

その時は、その物件への申し込み0だったのですが・・・

 

家の電話にかけたら連絡つき

帰宅すると夫は

吐くくらい具合悪く・・・

スマホを遠く置いて眠っていたとのこと。

 

翌日、物件の申し込みが入ってしまいました。

二番手申し込みは受け付けられるがと。

 

夫は水曜日は休めたのですが

水曜日は近所の不動産屋が揃って定休日。

 

翌週土曜にやっと、夫と子供と内見しに行ったのですが・・・

 

夫はいろいろ気になる点があり

つぎの土曜日まで確認のために待つことに。

 

土曜日の前に、その家は契約もほぼ決まってしまいました。

 

そのあとかなあ

もう一度その家を見に行ったんです。

 

その家の近所の神社にも参拝してみました。

神社で神様は「大丈夫だよ、安心していなさい」と言っていました。

 

家をみたとき「やっぱり私の家だ」という感覚で。

 

でも夫は

「自分の家という感じがしない」というのも理由の一つで

 

う~ん、なんでしょうね。「おっかしいなあ」と思って。

一人暮らしの引越しと

ファミリーの引越しはまた違いますね。

 

前にメルマガ記事に書いたとおり

運気が乱れていつも通りに行かない

「凌犯期間」に入っていたので

 

「この時期はやめよう」と

 

そのあと(凌犯期間中に)、また1つ物件を見に行って(川崎市宮前区の宮前平)

これは夫も子どももとても気に入ったのですが

 

夫がすぐに申し込みにYesといわず

なんかちょっと喧嘩みたいになり・・・

 

夫いわく「ちょっとお金のことが心配だよね」と

 

最初の家を見る頃はよかったけど

わたしが自分の貯金使っちゃってて

赤字を作っているのがバレたので(汗)

 

「わたしが収入を5万円

夫が収入を10万円のばしたら・・・」

 

みたいな話になっています。

 

(夫の貯金と父からの援助もあるので引越し自体はできるのですが)

(どのくらいかかるんや?今年中にかなうんか?)

 

でも一方で

「そうしたら、そんな高い家賃の家でもいいの?」

という面もある。

 

でも、賃貸ネットみてると

焦らなくても、いい物件はいろいろ出ているので

安心はしています。

 

さらに、凌犯期間が終わったところで

急に「三軒茶屋!」とうのがガンガン降りています。

 

もともと、「引き寄せノート」を作り

欲しい条件を描いた上で

どこの駅かな?と思った時、まず

「三軒茶屋」と降りてきていたのですが

 

「根拠がありすぎる」とスルーしていました。

 

「だって、わたしが小さい時住んでいて

楽しかったところだから

そりゃそう降りてくるかもね」と。

 

面白いことに、

わたしが三軒茶屋(東京都世田谷区)に住んでいた頃

夫家族もすぐそばに住んでいました。

 

「三軒茶屋は家賃がべらぼうに高いから無理だろう」

とあまり調べもせずやめていたのですが

 

調べたら、確かに相場は高いですが

たまに、リーズナブルな家賃の物件もあるんですよね

 

三軒茶屋や世田谷線は

とても活気があって元気な印象があります。

 

「もっと活気がある地域」というのも

強い希望なので・・・

 

さて

どうなっていくんでしょうね???

 

まだまだオチはついていません。

 

なんか、そんな近況です。

 

ではまたね~

 

アビアント~!

 

マダムつくね★

 

 

 

-▶︎未分類