▶︎未分類

「自己重要感や自己肯定感が低い」原因と満たす方法

ボンジュール!イラストレーター&引き寄せ講師マダムつくねです。

最近は、自己重要感とか ・自己肯定感とか

よく聞きますよね。え、聞かない?

今日は

どうして「重要であってはならない」というブロックができたのかな?

というお話をします。

 

自己重要感が低い原因

自己重要感が低い原因は、「重要であってはならない」というブロッ

先述の記事で、「重要であってはならない」というブロックについて書きました。

「何かと自分ってダメだと凹んでしまう〜心理ブロック」

↓ 記事はこちら ↓

インナーチャイルドセラピーを受けていただきました

先日体験談をお寄せいただいた方に

インナー・チャイルド・セラピーを

受けてもらいました。

つくねは

「やばいっ 

 軽い気持ちでメールセラピー送ると書いてしまった~!

 できるのかっ」

とヤバいと思いつつ

2時間半くらいかけてメールセラピーを作ったのですが

対面でやったような

セラピー効果があったです。

よかったです😄

~インナーチャイルドの教えるブロックの原因~

さて

「インナーチャイルドセラピー」の

よさって

「ブロックができてしまった原因がわかる」という点なんです。

こころの中の「こどものあなた」が教えてくれます。

体験談をよせていただいたかたから

ブロックの原因を教えていただきました。

「「彼氏がず~とできないブロックがわかりました。

母が下の弟たちばかり可愛がっていて

わたしの世話もしてくれたのですが

「私はあまり構ってもらえない」という感じ

そして母や兄弟の間に入れず「仲間はずれな自分という感じ」です」

 

下の子ばかり可愛がられる

こういう風に

「親が自分以外の兄弟を可愛がっていた」

(ように思い込んでしまった)

というのも、原因になりやすいです。

男の子を特に大切にする地方の方や

長女、長男さんに

多い理由のようです。

~こういう生育歴のかたにできやすい~

次のような生育歴の中で

「重要であってはならない」ブロックはできやすいそうです。

あなたは心当たりはあるでしょうか?

テキストより抜粋します。

”抑圧的で厳しい親から「お前はダメだ」

「お前にたいしたことはできない」

「子供は黙ってなさい」

と言われたり、無視をされたり、バカにされたりすると

子どもは「重要であってはならない」と思い込む可能性がある

現在でも、長男と他の子どもとの間に差をつけたり、

男の子を女のよりも優遇する地方や家庭が存在するが

そのような場合にも、長男や男の子以外の子どもに

「重要であってはならない」が刷り込まれることがある”

☑️いつも上からおさえつけられていて、自己主張を許されなかった。

親が話をきいてくれなかたた。

☑️「お前はダメだ」「お前にできるわけがない」のように、

親から否定ばかりされていた。

☑️いつも怒られてばかりいた

☑️親から「(自分のことより)、もっと人のことを考えろ」などと

言われてばかりいた

☑️何かができたときだけほめてもらえた

☑️自分以外の他の兄弟、姉妹ばかり可愛がられた

(と子どもの頃に感じていた)

日本人がほとんど持っているこのブロック

日本の教育も影響していそうですね。

~「私には価値がある」のアファ続けていますか?~

ところで前のメルマガでお伝えした。

「私には価値がある」

のアファメーション

続けていらっしゃる方はいますか?

たとえ無料でも

行動されるかたは、本当に少ないんですよね(しくしく)

つくねは、毎朝、唱えてますよ!

なので

次回は「わたしには価値がある」

のアファメーションを続けていただいた方の

変化についてお書きしますね。

ではまたね

アビアント~!

-▶︎未分類