引き寄せのやり方 ▶︎引き寄せの法則

引き寄せの法則やり方:ステップ1「引き寄せるものを決める」

Bonjour!イラストレーター&引き寄せ講師マダムつきもちです。

引き寄せの法則のやりかたを説明していきますね!

まず前提がありますので

前提は「引き寄せの法則は365日24時間毎分毎秒起こっている」ということ。

前のページはこちらです。

さらに5つのステップがあります。

 

STEP1:何を引き寄せるか決める

STEP2:イメージングする

STEP3:アファメーションをする

STEP2:行動する~お知らせにしたがって~

STEP3:「引き寄せる」~わらしべ長者のように~

その1つめのステップの解説にいきましょう。

STEP1:引き寄せの法則の実践はまず決めること

何を引き寄せるか決める

ステップ1にして最大のポイントでもあります。
引き寄せの法則の入り口は「決める」であり
出口は「行動する」です。

 

まずは小さな例から出します。
なんとなく「花見がしたいなあ」と感じているとします。
それを「花見をしよう」と「決める」ことです。

なぜなら「花見をしよう」と決めないと
「花見をしたいけどいつか・・・」
というように、ず~と「先延ばし」になるからです。
「『いつか・・・』はやってこない」ともいいます。
目の前に花見の案内があってもなんとなく
スルーしてしまいます。

ただけっこう「決める」というのは難しいです。

 

なにを引き寄せるか決める効果的な実践のコツ

ノウハウ的なものはいくつかありますが

ここで1つだけお伝えしますね。

「『やりたいことを決める時間』を作ることを決める」

たとえば

今やるかやらないか迷っていること」

を思い浮かべてください。

それを「今、決める時間を決めて」みてください。

たとえばいま朝だとしたら

「今日の昼休みの食後に、やるかやらないか決める時間をとろう」

とか

「土曜日の朝ご飯のあとに、やるかやらないか決める時間をとろう」というふうに。

「いま」決めてみてください。

 

決められないと引き寄せはうまくできない

ところで、いま、あなたは決められました?(^^;)

これがいま決められなかったかたは

多分人生を自分の思う通りにできていません。

いや、またあとで・・・と思った方、

それを「先送り」といいます。

先送り、はやめ!

(いまでしょ、いま!)

 

 

フリーランスで働いているわたしは

「毎日」「毎日」いろんなものごとを

決める時間を取っています。

基本的には前日までには翌日のことを決め

さらに「優先順位」もつけています。

ぼんやりと決めていないことこそが

ぼんやりとした人生を創っています。

 

さてここでは

ステップ1−1「何を引き寄せるか決める」について解説しました。

では次のステップ

1−2「イメージングする」に進んでみましょう

引き寄せのやりかたついては

小冊子にまとまっています。

小冊子はこちらからダウンロード

「つくどり式引き寄せの法則バイブル」

小冊子プレゼント

-引き寄せのやり方, ▶︎引き寄せの法則